Sponsored Link

【激速リフレッシュ5選】仕事の疲れは休憩時間中に取れる!

BUSINESS/ビジネス

アナタは毎日仕事漬けで疲れていませんか?休日も寝溜めとかで1日家にいる…なんて経験はありませんでしょうか?

仕事へのモチベーションが上がらないと仕事の質が落ちたりミスが目立つようになってしまいます。

仕事の疲れは仕事中に解消してしまおう!っと言う僕が実践している方法をご紹介します。なんだか最近疲れている…って人はぜひ参考にしてみてください

仕事中に疲れを取る方法

まずは仕事中に疲れを解消する方法をご紹介していきます。仕事をしながら疲れを取るなんてなんと効率的なことなんでしょう!!

甘いものを食べる、コーヒーを飲む

甘いものを食べる、コーヒーを飲む
脳は1日に120gのブドウ糖を消費しています。1時間に5g(角砂糖 約1個)を消費しています。
勤務時間中でもコーヒーを飲んだり、ちょっとしたお菓子を食べるなどは仕事に支障が出なければOK!という職場が多いと思います。
その中でもチョコレートや飴玉など一口サイズのものが好ましいです。

また、昼食を食べた後は眠くなり集中できなくなるため、コーヒーや紅茶などでカフェインを摂取しても良いでしょう。
脳が冴えて眠気を覚ますことができます。

コミュニケーションの1つにもなりますので会話にネタにもなります!

昼寝をする

昼寝をする
昼寝には脳をリフレッシュさせる効果があります。ですがあまり長時間寝てしまうと逆効果になります。
だいたい15~20分が適切な睡眠時間であるといわれています。昼食後に睡眠をとると良いでしょう。

ストレッチ、散歩をする

ストレッチ、散歩をする
長時間デスクワークをしていると筋肉がこわばり、肩こりや腰痛の原因にもなるため、ストレッチや軽い体操をしてリラックスしましょう。

外に出て散歩することもおすすめです。近くのコンビニまで飲み物を買いに行くついでに散歩することもおすすめです。

新鮮な空気を吸い、空を見上げるだけでも気分転換となり、歩くことで脳が刺激されるため、効果的なリフレッシュになります。

瞑想をする

瞑想をする
頭を使い過ぎて疲労を感じているときは、目を閉じて瞑想をしましょう。
いすに深く腰かけ、深呼吸しながら力を抜いてみてください。
何も考えない時間を作ることは、脳を休める効果があるといわれています。
簡単ですが、意外にリラックス効果が高い方法です。

顔を洗う

顔を洗う
実践している方も多いと思いますが、冷たい水で顔を洗えば眠気が覚めてさっぱりできて、おすすめです。
トイレに行った時についでに顔を洗えるのでとても手軽です。

おわりに

如何だったでしょうか?
今回は昼休みやちょっとした休憩時間にできるリフレッシュ方法をご紹介しました。
今回紹介した内容はあくまで一例なので自分に合ったリフレッシュ方法で適度に気分転換をしましょう。
いずれにしても、休憩なしでの長時間の仕事は作業効率を悪くするため、適切なリフレッシュを取り入れて健康的な仕事生活を楽しみましょう。

休憩時間を自分磨きに充てることによっても気分転換できます。
会社でのキャリアアップだけではなく、自分のスキルアップも目指して自己研鑽に励むのも良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました