Sponsored Link

【心と時間にゆとりが持てる】デジタルデトックスってなに?メリットもご紹介します!

MINIMALIST

こんにちは、げんまるです。

最近「デジタルデトックス」という言葉をちょこちょこ聞くようになりました。

ビジネスからプライベートまでスマホやpcといったデジタル機器を使わない日はないと思います。

確かにSNSで全然会っていなかった友達つながったり、共通の趣味で盛り上がったり、仕事として活用したり便利なツールです。

それに伴い「SNS疲れ」「デジタルライフ疲れ」が話題になっています。

日常的にデジタル機器を使うので肩こりや目の疲れ、SNS上の人間関係に疲れるなどといった障害が出てきています。

今回はそんな「デジタル疲れ」を癒す方法をご紹介していきます。

デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器との距離を置くことです。

その結果、ストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。

ですが、「デジタルを完全に手放して生きよう」というものではありません。

現実で自然に触れたり、周りの環境に触れることでデジタル疲れを癒すことが出来ます。

電車に乗っている時や、ふとした瞬間にスマホの画面を見ていないだけで新たな気づきがあったりします。

げんまる
げんまる

僕はライティングの仕事をしていますが、電車内の広告のキャッチコピーを見てそこから仕事へつなげています。

デジタルデトックスの効果

デジタルデトックスの効果
デジタルデトックスを行うことで得られる効果は以下の通りです。

  • ストレスが減る
  • 目の疲れが取れる
  • 頭(脳)の疲れが取れる
  • 想像力が高まる

などなど。
このように心と身体に関する効果が得られます。

デジタルデトックスの簡単な方法

デジタルデトックスの簡単な方法
PCやスマホのブルーライトからは目を疲れやすくし、SNSの投稿や返事をするなどのコミュニケーションにストレスを感じてしまいます。

こうした「デジタル疲れ」を解消する為には以下の方法があります。
誰でも簡単に出来ます。

  • 通知設定をオフにする
  • 機内モードにする
  • 決めた時間以外にスマホを触らない

それでもスマホをついつい見てしまう方は、
スマホを玄関に置いてください!

玄関って外出時又は帰宅時にしか通らない場所です。

そこに置いておけばわざわざ玄関まで行って返信してなんて面倒なことをしなくなります。

玄関って夏は暑いし、冬は寒いので玄関でSNSの返信をする為に長居をすることはしないはずです。

デジタルデトックスをしたメリット

デジタルデトックスのおかげで様々なメリットが生まれました。
その中でもピックップしてご紹介します。

周りに目が行くようになる

周りに目が行くようになる
特に電車で通勤している方です。

電車に乗ったらすぐにスマホでニュースを見たり、ゲームをしたりします。

ただデジタルデトックスをすることによって電車内の広告に目がいくようになりました

僕はライターの仕事をしているので、キャッチコピーだったりデザインなどを参考にさせてもらっています。

季節によって大学受験や週刊誌の広告などをよく目にします。

よくよく見ていると学生やサラリーマンに向けた広告ばかりです。

そんな気づきが出来たのもデジタルデトックスのおかげです。

本を読むようになった

本を読むようになった

今までは本を読む習慣はなかったのですが、
デジタルデトックスをしたおかげでたくさん本を読むことが出来ました

家でスマホを見ることが少なくなり、代わりに本を読んでいます。

寝る前までスマホやPCを見ていると“ブルーライト”が目に入り睡眠の質が悪くなったり、夜更かしの原因にもなります。

本は小説でも自己啓発でも勉強の本でも何でも大丈夫です。

小説で主人公の気持ちになっても良し、自己啓発本で自己投資をするのも良し、今勉強している本を読んで知識を増やすも良しです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デジタル疲れを癒すデジタルデトックスについてご紹介しました。
はじめの内はスマホを触らないことに抵抗があり、なんだかそわそわしていました。
しかし慣れてみれば、読書に熱中したり、勉強をしたり時間にゆとりが生まれ自分の時間を活用することが出来ました

皆様もぜひデジタルデトックスで目の疲れ、睡眠の向上、自由な時間を体験してみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございます!

げんまる(@hitoekiblog)でした。

タイトルとURLをコピーしました