Sponsored Link

【何が違うの?】iPhone12/mini/Pro/Pro Maxを比較してみた!

GADGET/モノ

こんにちは、げんまるです。
今回は僕も愛用しているiPhoneの最新版「iPhone12」の情報が入りましたね!
iPhone12の情報をさくっと調べてまいりましたのでご紹介します!

2020年10月14日、アップルは初の5G(第5世代移動通信システム)に対応したiPhoneシリーズの最新モデル4機種を発表しました。
それぞれの魅力を紹介する前に、まずはラインアップと発売日、価格をざっと紹介しよう。

発売日・価格

●iPhone 12(6.1インチ有機EL)
・10月16日予約開始、10月23日発売
・価格:8万5800円(64GB)、9万800円(128GB)、10万1800円(256GB)
●iPhone 12 mini(5.4インチ有機EL)
・11月6日予約開始、11月13日発売
・価格:7万4800円(64GB)、7万9800円(128GB)、9万800円(256GB)
●iPhone 12 Pro(6.1インチ有機EL)
・10月16日予約開始、10月23日発売
・価格:10万6800円(128GB)、11万7800円(256GB)、13万9800円(512GB)
●iPhone 12 Pro Max(6.7インチ有機EL)
・11月6日予約開始、11月13日発売
・価格:11万7800円(128GB)、12万8800円(256GB)、15万800円(512GB)

新iPhoneシリーズ共通の注目ポイントはアップル初の5G対応と、全モデルが有機ELディスプレイを搭載したこと、IP68(水深6mで最大30分間)の耐水性能を実現したこと(iPhone 11もIP68だが水深2mで最大30分間)、セラミックシールド採用によって画面落下耐性が4倍にアップしたとのこと、マグネットで充電器とつながって充電できる「MagSafe」充電に対応したことが挙げられる。

4G LTE時代からさらに高速・大容量通信が可能な「5G時代」がいよいよ到来したと言われる昨今、最新スマートフォンの注目ポイントの1つが「5G対応の有無」だ。

まだまだ5Gを利用できるエリアはほとんどないものの、数年以上利用するつもりであれば、今後エリアが拡充していく5Gを利用できるかどうかは重要なポイントになります。

iPhone12各種スペック

デザイン

2017年発売のiPhone Xからホームボタンを搭載しない顔認証機種が登場しましたね。
前面がフルスクリーンディスプレイとなったことでベゼルレス(狭額縁)デザインになりました。
ノッチ(切り欠き)のあるデザインはiPhone X以降の機種で継承されています。

iPhone12シリーズでは、iPhone SEのような側面がフラットなデザインになりました。

噂されていた電源ボタンへの指紋認証(Touch ID)は搭載されませんでしたが、前面カメラを使った顔認証(Face ID)が利用できます。

一方、iPhone 12 Pro / Pro Maxは医療に使われるレベルのステンレス製スチールの側面に、磨りガラスのような「テクスチャードマットガラス」を背面に使用しています。カラーオプションは全4色。iPhone 12 / 12 miniとは異なり、iPhone 12 Proは重厚で大人の印象です。

防塵・耐水性能


4機種ともIEC規格60529にもとづくIP68等級の防塵・耐水性能を備えています(完全な防塵構造、最大水深6メートルで最大30分間の防水性能)

セラミックシールド技術


iPhone 12 Pro

iPhone 12シリーズで新たに採用された技術の一つに「セラミックシールド」が挙げられます。
これは画面のガラスに金属よりも硬いナノセラミッククリスタル素材を採用したものです。
iPhone 11の4倍の耐落下衝撃性能を誇るという同技術で、iPhone 12シリーズの画面は「スマホでは、世界最強のカバーガラス」になったとのことです。

5G(第5世代移動通信システム)

iPhone 12

Apple初の5G対応端末となったiPhone 12シリーズ。
高速・大容量・低遅延・多接続などを謳う5Gでは、アップロードやダウンロードも秒速です。
通信速度が速いため、移動中でも動画の再生やオンラインゲーム、ビデオ通話などを高画質で楽しめます。
まさにAppleの言葉どおり、iPhone 12は「5Gの良さを活かした」デバイスといえるでしょう。

Smart Dataモード
今回新しく登場した機能「Smart Dataモード」は、高速通信を必要としない場面では周波数帯を5GからLTEに自動で切り替える機能です。省電力につながるため、バッテリーの長持ちも!

A14 Bionicチップ

iPhone 12シリーズには、最速を謳うAppleのA14 Bionicが搭載されています。
業界初の5nmプロセスで製造、118億個ものトランジスタを搭載した同チップは、小型で高効率、高速、省電力といったメリットがあります。

これまでより最大80%もパフォーマンスがアップしています。

先月発表のiPad Air(第4世代)で初めて採用されたA14 Bionic。今後は世界最速のスマートフォンとしてiPhone 12でも体験することができます。

カメラ

・iPhone 12 / 12 mini

iPhone 12

iPhone 12 / 12 miniのカメラは、超広角と広角カメラのデュアルレンズシステム。
どちらも1200万画素で、F値は超広角が1.6、広角が2.4となっています。
またiPhone 12 / 12 miniでは、特に広角カメラの露光量を増やしたほか、レンズの改良によって暗い場所で撮影するときのノイズも最大27%低減しています。

・iPhone 12 Pro / Pro Max

iPhone 12 Pro

iPhone 12 ProとPro Maxの大きな違いはカメラにあります。 12 Proでは、広角カメラが7枚構成のレンズとなったほか、f/1.6絞り値で従来よりも撮影時の光の量を27%多く捉えることができるようになりました。ほかにも120度の視野角を実現した超広角カメラや、52ミリの望遠カメラ(4倍の光学ズーム)も搭載しています。

12 Pro Maxも、広角カメラは7枚構成のレンズで絞り値はf/1.6と、12 Proと同じ。

Face ID

ロック解除などのセキュリティには、前面カメラのFace IDによる顔認証システムが使われています。
Face IDとは、TrueDepthカメラシステムが持つ最先端の技術によって可能となる認証方式。

充電アダプタ

USB-C – Lightning ケーブルのみ対応しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
iPhoneが5Gに完全対応したってことで、各キャリアが競って設備投資に勢いがついていくのは間違いないと思います。
通信速度が早くなれば、それだけハイスペックな映像機能や処理速度が求められるわけで、それを過不足なく満たしたiPhone 12シリーズは、いいタイミングでいいスペックを載せたバランスの良い機種といえます。

タイトルとURLをコピーしました