Sponsored Link

【休日の過ごし方】休日をただの休日で終わらせない為に

LIFE/暮らし

年末年始のお正月休みが終わり1週間が経ちました。

長期休暇が終わった最初の週末になろうとしています。

疲れが取れない人もいて1日中家でだらだらして気付いたら夕方になっていたという経験をした方はいると思います。

僕もこのような経験をして休みなのに疲れが取れずに月曜日から仕事に行き「早く休日にならないかなぁ〜」と嘆いていました。

最近は休日を充実した休日にしています。

この記事では僕が休日に大切にしていることを交えながら、休日の過ごし方をご紹介したいと思います。

休日の1日の流れ

8:00 起床・朝食

9:00 ジム

12:00 昼食

13:00 ブログ作成、更新

15:00 読書

18:00 夕食

21:00 入浴

23:00~24:00 就寝

休日だからといって起床時間を遅くしない

休日だからといって起床時間を遅くしない

土日くらいゆっくりしたい。
今日は休みだからもうちょっと寝てよう。

そう考える人は多いと思いますが、土日にゆっくりすることが平日の疲れを倍増させているのです。
毎日同じリズムで睡眠を取ることが、睡眠の質にも大きく影響します。
土日もなるべく同じ時間帯に起きることのほうが、平日の疲れを減らすことにつながるのです。
平日の疲れが減れば土日に早く起きることも楽になり、プラスの循環が生まれます。

はじめのうちは大変かもしれませんが、土日も早起きすることで、早起きの習慣を身に付けましょう。
それでも土日にのんびり休みたい時には、昼寝や早寝など別の形で睡眠を取るとよいでしょう。

ジムで体を鍛える

ジムで体を鍛える

ジム通いをすることで得られるものは数多いですが、やはり運動不足の解消は重要です。
ジムに行けばトレーニングマシーンがありますし、屋内プールなどがあるところもあります。
それに加えてトレーナーもいるので、運動するには最適な環境なのです。来ている人の意識も高いので、運動が自然とできるようになるのです。
社会人として、疲れにくい身体づくりのヒントだって得られるかもしれないです。

ジム通いをすれば無理なく肉体改造が出来ますが、社会人としてビジネスにも役立ちます。
筋肉がついて持久力が付けば、仕事でも疲れづらくなります。
また商談においても、体型が良い人が背筋を伸ばして説明すると不思議と説得力が増しますし、プライベートの面でもこういった肉体改造は異性の気を引くために役立つでしょう。社会人として、良いことづくめなのです。

ブログ作成、更新

ブログ作成、更新

ブログも週末に更新をしています。
平日に更新をすることもありますが、休日の方がまとまった時間を確保できます。

画像の編集や文章を書いたり、今では僕の趣味になっています。

読書

読書

社会人は休日にひとりでゆっくり過ごすという人も多く、そういった人はその時間のなかで読書を楽しんでいたりします。僕は社会人になる前は読書なんてしてこなかった人間でした。

おしゃれなカフェなどでゆっくり過ごしながら本を読むという人も良く見かけますよね。また、最近はブックストアとカフェが一緒になったスタイルのおしゃれなお店なども増えていて、社会人の読書率は増えていると感じています。

社会人になると休日はとても貴重です。その休日をダラダラと過ごすのはとてももったいないことです。
読書にはいろいろなメリットがあります。
まず、本というのは作者の考え方が凝縮されています。それを読むことで、いろいろな考え方があるということがわかり、思考能力が自然とアップするのです。

就寝

就寝

「休日も、生活サイクルは変えない」ということです。

休みの翌日の朝からフルパワーで仕事をこなせるよう、日曜日など休日最後の夜は早めに寝ることを心がけています。

多少夜更かししたい時は土曜日にしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
これは僕の場合の休日の過ごし方になりますので参考までに!

休日にいろいろなことをして過ごすのもいいですが、将来につながるような一つのことに集中して、休日の全部をそれに使うくらいの生き方もアリです。

まずは休日も生活スタイルを仕事の日と同じにすることから始めてみましょう。

起業や稼ぐための勉強を集中してやるとか、将来、自分の一つの生き方として選べるものを極めてみるのもいいかもしれません。

来週末から初めてみては如何でしたでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました