Sponsored Link

【あおり運転はなぜ起きてしまうのか?】もしかしたらあなたにも原因があるかもしれません…

LIFE/暮らし

自動車社会で大きな問題となっているのが「あおり運転」です。

どうして「あおり運転」は発生するのでしょう。そして、どういう行為が「あおり運転」とされるのでしょうか?

「あおり運転」をされないためのポイント、「あおり運転」をしないためのポイントについても今回の記事で考えていきます。

あおり運転はなぜ起きるのか

あおり運転」が起きる背景にはいくつかの原因があります。
その中で大きなウエイトを占めるものが、正義感、仕返し、私刑といったものです。
常磐道で起きた「あおり運転」の容疑者は警察の聴取に対して「やり過ぎた」と語っています。この警察から聴取を受けている状態でも「やり過ぎた」であった、過ぎなければよかった……という感じが受け取れますね。



「あおり運転」をした多くの人は、邪魔をされた、自分が先にあおられた、ムカついたetc.が原因になり、おあり運転を始めています。
つまり、自分がルールを守っているのにルール違反の運転手が悪い、やられたからやり返すといったようなことが要因になっている場合が多くみられます。

また、高速道路で発生したあおり運転の動画などを見ていると、あおられる側のクルマが追い越し車線を走っている場合が多く見られます。


たとえ制限速度であっても、追い越し車線を走り続けるのは違反行為で、あおる側は自分が速度違反で走っていても、そのことは横において追い越し車線を走り続けるのは違反、だから制裁を加える、そして違反だということを教える……という気持ちがあるようです。

まずは、煽り運転に遭わないように運転することが大切

2017年6月に発生した東名高速道路での痛ましい事件をきっかけとして、改めて危険性が注目されるようになった煽り(あおり)運転。

しかし、その後も煽り運転をきっかけとする事件や事故はぞくぞくと続きます。

高速道路上に無理やり停車させられた上、運転手が殴打されるという事件も記憶に新しいです。

煽り運転をどうしたらなくすことができるのかについて、連日のようにさまざまなメディアで取り上げられているが、まず問題になるのが加害者側(煽った側)についてばかり。

確かに、煽った側に非があるのは間違いないことだが、自分自身が煽り運転の被害に遭わないようにすることも大切だ。煽り運転の被害に遭わないためには、どういった運転を心がければ良いのでしょうか?

煽り運転を助長しかねない“追い越し車線の居座り”

どんな状況であっても、煽り運転は絶対に行ってはならないが、煽られる原因としてよく取り上げられるのが、追い越し車線への居座りです。

高速道路には、走行車線と追い越し車線という2つの通行帯が存在し、追い越し車線は読んで字のごとく、先行車を追い越すための車線である。

つまり、追い越し以外の目的で走行してはならないわけで、追い越しが完了しているにも関わらず、追い越し車線を走行し続けることは認められていない。

そして不必要に追い越し車線を走行し続けることは、「通行帯違反」に該当し、反則金6,000円、違反点数1点」となります。
どのくらいの距離を走行し続けると違反になるのかについては、明確な距離が示されているわけではないのですが、一般的には2km以上で検挙されることが多いようだ。

ただしこれはあくまでも、これまでの傾向というだけであって、明らかに追い越しが完了しているのにも関わらず、追い越し車線を走行し続けていれば交通違反になる、ということを忘れてはいけません。

なぜ「あおり運転」はなくならないのか?

あおり運転、あるいはその予備軍的行動をする人というのは意外に多いものです。

車という鉄の箱に守られ、正体を隠して行動できるという「匿名性」と「万能感」があおり運転を引き起こす理由としてあげられます。

特に、運転に自信のある人ほどあおり運転を引き起こす傾向が高いようです。

あおり運転の問題はそれが犯罪につながりかねないということにあります。
加害者も被害者も、「運が悪かった」「タチの悪いのに遭遇した」というレベルでしか捉えていない。今後、道交法改正による厳罰化が報道されており、大きな抑止力となることが期待されますが、その前にドライバー自身が意識を変えていくことが重要ではないでしょうか。

では、自らがあおり運転を引き起こさないためにはどうすべきか?

まず、時間に余裕をもつことが大切です。

また、車内には、お気に入りの音楽や家族の写真など気を紛らわせることができるものを準備しておくといいと思います。

また、イライラが高まったらまず、「6秒待つ」ことを心がけてください!
「6秒」というのは怒りの感情の発生から理性が介入するまでの時間です。

ドライブレコーダーを搭載して自身の行動を律するということも有効と考えます。カーナビと連携するタイプなら、自分の運転行動をすぐ確認することができ、あおり運転の予防につながるかもしれません。

まとめ

自分があおり運転をしないために大切なのは、怒りを抑えるということです

アンガーコントロールといわれ、企業などでもその手法を取り入れています。

よく言われるのが、怒りのピークは6秒間というものです。

なにか怒りのトリガーがあったら、それに6秒間耐えてやり過ごすとピークを乗り越えて、怒りは収まりに向かうというのです。

そのほか、アンガーコントロールについてはさまざまなアプローチがありますが、とにかく怒りを抑えられればあおり運転の加害者にならず済むのではないと考えています。

タイトルとURLをコピーしました