Sponsored Link

【ミニマル化第一歩】実家暮らしだけどミニマリストになりたい!

実家暮らしミニマリスト LIFE/暮らし

ミニマリストという言葉が一般的に浸透してきましたね。
数年前までは「何か違ったことをしている人」というような感じで見られていましたが、YouTubeなどで情報を発信していて「おしゃれ」「かっこいい」などの価値観を生み出しています。

僕も、ミニマリストに憧れを持ったきっかけがYouTubeで上がっていた動画の「ミニマリストしぶ」さんの動画を再生したものが始まりになります。
動画自体もiPhoneのみで撮影していたのにも関わらず引き込まれるような魅力がありました。

僕の部屋はものが乱雑に置かれていて、床にアウターが置いてあるのが普通でした。
なぜか「このままではいけない!」と思い片付けはじめました。
ということで今回は実家暮らしだけどミニマルな生活をしたいという方に何から手放していけばいいのかをご紹介します。

実家暮らしミニマリストの断捨離方法

実家暮らしのミニマリストと言ってもやることは一般的なミニマリストと変わりません。
具体的に手放すもの下記の通りです。

  • ごみ
  • 何年も使っていないもの
  • 必要でないもの

上記の項目を実行するだけでミニマル化は完成します。

まずは自分の部屋をミニマル化するところから始めていきましょう!
身近な所から変化を加えることで、より一層ミニマルな生活をしたいと思えてくるはずです。

「ゴミ」を捨てよう

「ゴミ」を捨てよう
ミニマリストだけでなくフツーの方でもやっているとは思いますがまずは「ゴミを片付けます」
なんだよ、やっているよって言う方もいるかもしれませんが、これがミニマリストへの第一歩です。

ペットボトルや空き缶など誰がどうみても「ゴミ」はないでしょうか?
1回放置をしてしまうと片付けるタイミングを逃してしまいます。

1度ミニマル化が完成するとちょっとしたゴミでも気になってしまいます。すぐにゴミ箱に捨てるという習慣が出来上がります。

何年も使っていないものを捨てよう

何年も使っていないものを捨てよう(クローゼット)
次に「何年も使っていないもの」を捨てましょう。
何年も使っていないものって何だろう?と思った方、クローゼットや机の引き出しを見てください。

クローゼットや机の引き出しなど普段目に留まらない場所にものをしまいがちです。
いつ買ったかわからない服など何かしら眠っているはずです。

クローゼットや引き出しにそのようなものがなくなったらもうあなたはミニマリストです!

必要でないものを捨てよう

ゴミを捨てて、何年も使っていないものを捨てると「今後使うもの」だけ残ります。
もしまだ捨てるものがあるのなら捨ててしまいましょう。

必要でないものを捨てることで今後使うものだけになります。
そうすることでモノをを徹底的に選び抜くスキルが身につき今自分が大切にしているものは何なのか客観的に見ることができます。

番外編

実家暮らしですが、シャンプーやトリートメントを使わずお湯でシャンプーをしています。
シャンプーを使わなければいいので捨てたりしなくていいです。一番始めやすいのではないかと思っています。
もし髪の毛が臭かったら、家族から臭いと言ってくれるでしょう。これがもし一人暮らしや彼女ですと気づかないor言いにくいとかありますので僕はおすすめできないと思います。これも実家ならではだと思います。
この記事はまた改めて書いていきたいと思います!

まとめ

この記事を読んで「実家ミニマリスト」を始めていこうと思っていただけたら嬉しいです。
ミニマリストにならなくても部屋が綺麗でスッキリしていると心もハッピーになります。
何か新しいことを始めてみようと思ってこの実家暮らしミニマリストをはじめていただけたら幸いです。
ではよいミニマルライフを!

タイトルとURLをコピーしました