Sponsored Link

口内炎ができてしまった時の対処法3選

LIFE/暮らし

こんばんは、げんまるです。

最近気温の変化やストレスの影響で「口内炎」ができてしまいました。
小さい時から口内炎ができやすい体質?なのか2〜3個ほど一気にできてしまいます…。

一回できてしまうと、食事や会話の妨げになり日常生活のパフォーマンスも下がってしまう存在です。

僕のように「早く口内炎を治したい!」そう思っている方がたくさんいらっしゃると思いましたので今回このような記事を書いてみました。

まず口内炎ができる原因4種

1 ストレスや疲労


口内炎ができる原因の1番といっても過言ではないです。
仕事や日常生活でのストレス、睡眠不足や栄養不良によって心の疲れが溜まったり免疫力が低下しているため口内炎が出来てしまうのです。

 

げんまる
げんまる

きっと体から休みなさい!というメッセージを送っている

2 ウイルスやカビ

ウイルスやカビ
水疱などができてしまうウイルス性の口内炎。
ヘルペスが代表的です。口内を清潔にしないといけませんね…。
舌が白くなっている人も注意が必要です。白くなっているものは口内のカビです。

3 口の中を噛んでしまった

口の中を噛んでしまった
食事中に口の中を噛んでしまってそこから口内炎になってしまうケースも結構ありました。
このように物理的に刺激が加わり、そこに菌が入り増殖して口内炎になるケースがあります。

4 アレルギー

アレルギー
今挙げた3つの原因より数は少ないもののアレルギーから口内炎を引き起こすケースもあるそうです。

口内炎が出来てしまったら、家でできる対策方法は?

1 マウスウォッシュ

口内炎が出来たら「これをしたら早く治る」とうい方法はなくはちみつや塩を塗るというのは民間療法の一部にしか過ぎません。

適度にマウスウォッシュをするし口の中を清潔にしておくことを心がけることです。

2 あまりに痛い場合は歯科医院

あまりに痛い場合は歯科医院<
時間が経てば治るといっても痛いものは痛いです。
しかも口内炎が大きくなれば尚更食事や会話中に支障をきたします。そういった時は速やかに歯科医院へ行きましょう。
お薬やレーザー治療で食べ物が当たった時の痛みが和らぎ治りもある程度早くなっていました。うがい薬ももらえば炎症を早く抑えられます。

3 睡眠、正しい食生活

睡眠、正しい食生活
原因の中でも挙げさせてもらいましたが、「ストレス」や「疲労」が溜まっているとより口内炎が出来やすくなってしまいます。

ですので免疫力を回復させる意味でも「睡眠」をしっかりと取りましょう。

栄養の偏りも口内炎ができる原因です。しかしどの栄養素がかけたら口内炎になるのかは分かっていないのです。ですので日頃からバランスの良い食事を心がけることが大切です。

僕はマクドナルドやカップ麺ばかり食べていた時期ではすぐに口内炎が出来てしまいました。

まとめ

口内炎ってできるとすごいストレスを感じますよね。そうならないためにも日頃から口内のケアや睡眠、食生活にもフォーカスと当てていかないとあの痛みが襲ってくるかもしれませんよ…。

タイトルとURLをコピーしました