Sponsored Link

服がなかなか捨てられない方に!【ミニマリスト】流服の捨て方講座

MINIMALIST

クローゼットの中には服がいっぱい。でも着たい服がないなんてことはありませんか?

着ようと思って買ったのに着る機会がない、トレンドが過ぎてしまったので恥ずかしくて着れないってことはありませんか?

そんな方におすすめしたいのが、断捨離です。一度クローゼットの中をリセットするということです。

着ることがない服をたくさん捨てて、お気に入りの服だけで生活してみましょう!

↓ミニマリストのメリットについて知りたい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

【ミニマリスト歴3年】ミニマリストになってみたメリットとは?
ミニマリストは物が少ないだけだと感じていませんか?それは少し違います。ミニマリストになりモノを少なくすることによって心にもゆとりが生まれます。今回はミニマリスト歴3年の僕がミニマリストになってみて気づいたメリットとミニマリストとはなにかをご紹介していきます。

まずは断捨離するメリット

服を断捨離するだけでメリットはかなりあります。早速見ていきましょう!

片付けが楽

まずは服が少なくなれば、片付けが楽になります。
洗濯する→干す→しまう(畳む)

工程にすると少ないですが、服の量が多ければその分負担が大きくなります。

気持ちがスッキリする

気持ちがスッキリする
服を捨てるだけで気持ちがスッキリとします。
気分が落ち込んでいる時に限って部屋が散らかってたりしませんか?
服が山積みになっているだけでストレスが溜まってしまいます。

そんなストレスになるような服はすぐに捨ててしまいましょう!

本当に好きな服で生活出来る

本当に好きな服で生活出来る
服を捨て始めると”本当に好きな服”だけ残ります。
何となく買った服、値段が高かったから残っている服などあまり着ない服を捨てていくので本当に好きな服だけで生活出来ます。

お金が溜まる

服をミニマルにすると次から服を買う時に”本当に自分が欲しいのか?”を考えてから購入するようになります。
ですので今季のトレンドにすぐに飛びついて買ってしまったということがなくなります。
結果的に服にお金を掛けることが少なくなり、お金が溜まります。

断捨離する服を見極めよう

断捨離したことがない方は服を捨てる基準がわからないと思います。
今回は簡単に2つのポイントにしました。

①これから着るかどうか

奇抜なデザイン、個性的な服、長い間着ていなかった服やどのシーズンでも着なかった服は捨ててしまいましょう。
これを機にタンスのこやしをなくしましょう。

結局、シンプルな服が1番です!

②気に入っているデザインかどうか

自分が気に入っていないデザインかどうかが見極めるポイントになります。
高く買ったので捨てれないという方は、捨てるのではなくAmazonアカウントで簡単申込【リコマース宅配買取サービス】で売るとお金にもなりますし気軽に手放しやすいです。しかもAmazonのアカウントで申し込める点も良いポイントです。

断捨離方法

ここから断捨離方法についてご紹介していきます。

速攻捨てる

これが出来たら苦労しないですよね。いきなりは難しいと思います。
でもこれが出来るのなら勢いでどんどん捨てていきましょう!

初心者の方は次の捨て方をオススメします。

捨てる予定ボックスに入れる

捨てる予定ボックスに入れる
捨てるかどうか迷ったらひとまず”捨てる予定ボックス”に入れましょう。ボックスは段ボールでも何でもいいです。
“捨てる予定ボックス”が準備出来たら捨てるかどうか迷った服を入れていきましょう。

入れ終わったら普段目につかない所に置きましょう。(クローゼットとか普段目に入ってしまう所に置いておくとすぐに引っ張り出してきてしまいます

入れておく期間は1ヶ月とか
1ヶ月後に使わなかったら捨てましょう。

どうしても服を買いたくなった時

服を断捨離しても時が経てば買いたくなってしまうもの。
せっかく服を断捨離したのにまた増えてしまうとまた1からやり直しです。
そんな時におすすめなのが下記のような”定額制の洋服レンタル”サービスです。
レンタルになりますので毎月好きな服を試してみることが出来ます。
その中で本当に欲しい服があれば購入すると服の数が増えずにオシャレを楽しむことが出来ます。

定額制ファッションレンタル【洋服レンタル・ブリスタ】

まとめ

いかがでしょうか?
服を断捨離して、クローゼットをスッキリさせることで、気持ちにも余裕が出来ます。
新しいオシャレにもチャレンジできますよ。

紹介した内容をもとに、あなたにあった断捨離方法を見つけてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

げんまる(@hitoekiblog)でした。

タイトルとURLをコピーしました