Sponsored Link

【初心者向け】株式投資の基礎知識【ポイントは3つ】

LIFE/暮らし

投資の中で一番ポピュラーな「株式投資」
でもどうしたら利益ができるのか、稼げるのか?そう思っている方は少なくないはず。
今回は株式投資の基本をご紹介します。株式投資についてしっかりと理解を深めていき失敗のない資産運用を始めていきましょう。

利益を出すには


3つの方法で収益を上げていくことが出来ます。

① キャピタルゲイン(売却する時)
② インカムゲイン(配当金、保有している時)
③ 株主優待(商品券、割引券など

株式投資の利益の出し方は3つしかありません!

キャピタルゲイン


キャピタルゲインとは、保有している株を売却することによって得られる売買差益のこと。
例えば、10万円で買った株が20万円になったときに売却した場合、その差額の10万円(手数料や税金は除く)がキャピタルゲインです。
その反対の損失は、キャピタルロスといいます。

インカムゲイン


インカムゲインとは、株を保有している期間に得られる配当金のこと。銘柄によって、配当利回り(利率)や、配当の回数が異なり、業績次第で増えたり、減ったり(増配や減配)することもあります。また配当金を得るには、権利確定日に株を保有している(株式名簿に名前が載っている)必要があります。ちなみに、株を保有していれば必ず配当金がもらえるわけでありません。業績によって配当額が変動することや、会社方針や業績等により無配当の企業もあります。

株主優待


株式優待とは、株主優待
企業が株主に対して、自社サービスの商品や割引券等を与えること。
例えば、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは、株主優待としてパスポート券をプレゼントしています。
こちらもインカムゲインと同様、権利確定日に株を保有している必要があります。
食料品が届いたり、カタログギフトが届いたりと優待目当てに株を買うこともできます。利益を得ると言うよりも楽しみながら株を購入することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「株式投資」の利益を出すためのポイント3つをご紹介しました。
株式投資を始める際には、株の仕組みややり方、取引の方法についてしっかり理解を深めることこそが大切です。銘柄の選び方や分散投資などの損をしないためのポイントをきちんと押さえていくことが出来れば、初心者でも安心して始められるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました